ページトップへ

リフォーム工事

あなたのリフォーム大丈夫!?

よく確認しましょう。費用、工事内容、トラブル防止
見積書の内容が、希望するリフォームと違っていたり、現場をよく確認せずに作成されている場合は、工事の面積や材料を正確に見積もれず、追加費用の請求につながる場合があります。
リフォームは、工事を始めてみないとわからないことも出てきますが、追加請求の際にトラブルになることもありますので、トラブルを未然に防ぐために、『追加費用チェックリスト』をご活用ください。

住宅リフォーム工事追加費用チェックリスト

契約前に確認すべきこと
あなたが希望しているリフォーム工事の内容は、明確ですか?
希望している工事内容が不明確なまま見積もりを依頼したり、契約したりする事によって、後から工事の面積や材料の数量不足が生じたりして費用が発生する場合があります。
あなたが希望しているリフォーム工事内容は、事業者に正確に伝わっていますか?
見積もりに記載されている工事の項目を確認してみて下さい。希望している工事内容と事業者が理解した工事内容が食い違って、希望していた工事が見積もりにないことにより、最終的に追加工事として費用請求される場合があります。
事業者が現場を見て見積書を作成していますか?
現場を見ないで見積もり書を作成することによって、工事の面積や材料の数量に不足が生じたり、必要な工事が不足していて、追加工事として費用を請求される場合があります。
契約前に見積書の内容を確認しましたか?
工事が完了してから工事内容と工事代金のバランスに疑問を感じ、工事代金の妥当性や減額について確認する相談事例があります。契約を結んだ段階で、工事代金も含めて合意していることになりますから、特別な事情がない限り工事代金の減額は困難です。見積書の内容をよく確認し、納得してから契約を結びましょう。
追加工事がどのような場合に発生するかを事業者に確認しましたか?
リフォームは工事を始めてみなければ分からない事象が十分考えられるので、契約段階において業者からどのような可能性があるのかをしっかりと説明を受けておいて下さい。予想外の高額な追加工事が発生した場合に、そもそもリフォームを行う事を考え直す必要がある場合があります。そうした場合に、どれくらいの費用がかかるのかを知っておくと安心です。
工事中に確認すべきこと
工事中の変更について、費用負担等をよく確認しましたか?文書に記録し、保存していますか?
既存の住宅への工事ですので、どうしても工事途中の変更が起こる事があります。変更内容にともなう追加工事について、工事の内容はどのようなものか、費用はどれくらいか、誰がその費用を負担するのかといった事項について、事業者によく確認するとともに、文書にして記録し、保存しておきましょう。

屋根の悪徳商法対策

ご注意ください!
最近、一部訪問販売業者による被害をお聞きする事が多くなってきました。
簡単な工事で多額の請求を受けたり、必要以上に長時間にわたり工事を進められたり・・・

こんな手口でやってきます!

  1. 地震対策をうたって勧誘する訪販リフォーム
  2. 被害保険の適用を強調するなどの保険に関連したもの
  3. モデルハウス依頼による値引きを強調したもの

被害を未然に防ぐために

契約する前に
訪問販売では出来るだけ契約しない。
リフォーム工事に限らず、訪問販売の勧誘は、消費者が確かな意思を持たない内に誘導で契約させる事が多い為、トラブルになりやすい。
工事を依頼するかどうかは、手間と時間を掛けて十分に検討する事。
屋根のリフォームは、一軒一軒異なる建物の手直しである為、価格や工事の必要性、方法・費用の妥当性など判断が難しいので、手間と時間を掛けて十分に検討すべき。
業者の説明を鵜呑みにしない事。
「工事をしないと家が倒壊する」「このままでは雨漏りする」等の説明をして、消費者に不安感を与えて工事を勧誘する業者がいます。
なるべく地元で工事業を行っている顔の見える業者に依頼する。
地元の工事店は、地域の評判や信用をまず第一に考える為、良心的に工事を行い、末長いお付合いを心掛けています。
契約する時は

★複数の会社から詳細な見積もりを取る事。見積書の提出を渋る業者とは契約しない。

見積書をよく読み、必要な工事が抜けていないか必要無い工事が入っていないかを確認する事。

★契約書をよく確認する事。

※訪問販売の場合、工事開始後でもクーリング・オフ期間内であれば解約出来ます。

資料出典:国民生活センター「訪問販売によるリフォーム工事」に係る消費者トラブルの現状と被害防止より

住宅リフォーム工事に係る消費者支援策

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター

住まいるダイヤルでは、お考えのリフォームや事業者から提示された見積書に関する相談を、無料でお受けします。

1.見積りの項目・形式についてのご相談
不明瞭な項目(一式工事、特別割引など)がないか、二重計上や不要な項目がないか等
2.見積金額についてのご相談
見積書の金額が、一般的な相場と比べて特に高額な請求ではないか等
3.工事途中や追加費用についてのアドバイス等
見積もりや図面に記載の工事内容が希望と合っているか、追加告示の費用負担について合意があるか等

住まいるダイヤル/0570-016-100

屋根のお悩みお気軽にご相談くださいtel:054-346-4200 メールフォームからのお問い合わせはこちら クレジット支払い対応 オリコのローンで理想のリフォームを実現 望月商行でTポイントが貯まる使える

施工ギャラリー
  • カテゴリー:リフォーム
  • カテゴリー:その他
  • カテゴリー:瓦
  • カテゴリー:板金屋根
  • カテゴリー:太陽光発電
  • スタッフブログ
トータルリフォームネット 住まいるダイヤル JIO 日本住宅保証検査機構 みんなでシェアして、低炭素社会へ。Fun to Share
パナソニック我が家見直し隊 パナソニック我が家見直し隊 太陽光発電の優良工事会社ネットワーク ソーラーパートナーズ
Topへ