ページトップへ

太陽光発電

太陽光発電について

未来の屋根への新しいカタチ。

当店では各メーカーの施工IDを取得し、数多くの施工実績を積んだスペシャリストが工事を行います。
もちろん屋根材や雨漏り対策にも精通した、『屋根工事のプロ』です。長期にわたり安心して使っていただく為に、「10年補償制度」もご用意いたしました。
万全の安心感をお約束いたします。更に今なら国や市の家計にやさしい補助金制度もございます。

太陽光発電システムって?

太陽光発電システムは、屋根に太陽電池モジュール(パネル)を設置し、太陽の光で発電するシステムです。
太陽の光で発電した電気は、優先的に家庭内で使用し、電力会社からの電気使用量を減らします。
(経済的には、電気代を削減します。)

余ったら、電力会社に売電。
足りない時は電力会社からの電気を使用

住宅用の太陽光発電システムは蓄電機能をもたないのが一般的です。
日射量の多い晴れた日には、太陽光発電システムの発電量が消費量を上回るため余った電力は自動的に電力会社に売却します。
逆に、曇りや雨の日、朝夕や夜間など日射量が少なく、太陽光発電で家庭内の消費電力をまかなえない時は、電力会社の電気を購入します

太陽光発電電力量と消費電力量の推移

太陽光発電システムのメリット

太陽光で発電した電気を使って、電気代を削減。余った電力を電力会社に売って、売電収入が入ります

晴れた日の昼間は、太陽光発電で作った電気を使うため、その分電気代を節約できます。
また、太陽光で発電した電気のうち、家庭で使用しなかった電気(余剰電力)を電力会社に売り、売電収入が入ります。

太陽光発電とシステム設置前後の経済メリット

売電単価は買電(電気代)単価の約1.5倍
38円という価格は、電力会社から購入する電気代の約1.5倍にあたります。ですから昼間の電気使用量を抑え、売電量を増やすと、経済メリットはより大きくなります。
売る電気と買う電気の価格
地球にやさしい生活を実現できる!
電気使用によるCO2排出量の比較
太陽光発電は、温暖化ガスを発生しないクリーンエネルギーです。太陽光発電システムの製造時に発生するCO2を考慮しても、CO2排出量は、通常の電気の2割弱です。
※電気によるCO2排出量0.53kg-CO2/kWhは、2007年 電気事業連合会。
※単結晶シリコン太陽光発電システム(製造時等)によるCO2排出量0.0776kg-CO2/kWhは、「平成19~20年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構委託業務成果報告書 太陽光発電システムのライフサイクル評価に関する調査研究 平成21年3月」(みずほ情報総研株式会社)

屋根のお悩みお気軽にご相談くださいtel:054-346-4200 メールフォームからのお問い合わせはこちら クレジット支払い対応 オリコのローンで理想のリフォームを実現 望月商行でTポイントが貯まる使える

施工ギャラリー
  • カテゴリー:瓦
  • カテゴリー:板金屋根
  • カテゴリー:リフォーム
  • カテゴリー:太陽光発電
  • カテゴリー:その他

QRコード

住まいパートナーズ トータルリフォームネット リフォーム会員 みんなでシェアして、低炭素社会へ。Fun to Share
映像配信中 JIO 日本住宅保証検査機構 太陽光発電の優良工事会社ネットワーク ソーラーパートナーズ 住まいるダイヤル
Topへ