グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  事業案内 >  介護リフォーム

介護リフォーム


介護保険制度で最大20万円まで補助が受けられます。

※介護保険制度では、「要支援」または「要介護1~5」と認定された在宅の方で、介護のために住宅をリフォームする場合、最高20万円(1割自己負担)まで補助が受けられます。1割は自己負担となるため、実際の支給額は18万円までとなります。

望月商行の介護リフォーム 3つの想い!

1.介護する人、される人にとって快適を目指したリフォームに!

歳を取ったり生涯を抱えた方にとって、段差や階段は想像以上に生活に困難を感じさせ、不快で不便なものです。

介護リフォーム聞くと、介護者がより介護されやすい家にするためのリフォームと連想しがちですが、介護は介助者がいてこそ出来ていることを忘れてはなりません。

トイレの場合、車椅子の方でも出入りしやすいスペースの確保はもちろん、介助者の視点に立って掃除のしやすい工夫がなされていることも、とても大切です。
  
 

2.それぞれの家庭に合ったリフォーム内容に!

介護リフォームと一言でいっても、各家庭の家の造り、介護の内容、介護者や介助者の体の大きさや力量などがそれぞれ異なるため、リフォームプランは一通りではありません。

同じ車椅子に乗った介護者であっても、必要とする介護はそれぞれ異なるのです。

3.将来を見据えたリフォームを!

介護の際には不便を感じることが十分に考えられます。想像力をはたらかせ、将来障害になりそうな箇所をみつけておくことも大切です。

実際、介護生活が始まると介護リフォームのことを考える余裕がないこともあり、早め早めの検討をオススメします。

大切なお住まいで永く快適な生活を送るため、水まわりや屋根・外壁等のリフォームもオススメしています。

介護保険が適用されるリフォームは?

1.手すりの取り付け

玄関・廊下・階段・トイレ・浴室・洗面室などの屋内に設置する手すり、玄関から道路までの屋外手すりにも適用されます。

設置場所

玄関 廊下 階段
浴室 洗面室 トイレ

 

2.段差の解消

敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入口などの段差をスロープや踏み台、床工事により解消したりする場合に適用されます。

設置場所

玄関 洋室 和室
トイレ 浴室

 

3.滑り防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

居室おいては畳からフローリング、ビニル系床材等への変更、浴室での転倒予防のための滑りにくい床材への変更などに適用されます。

設置場所

和室 浴室

 

4.引き戸等への扉の取り替え

介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸から引き戸・折れ戸・アコーディオンドアへの変更に適用されます。
握力が低下している人でも操作しやすいドアノブ変更や戸車設置も含まれます。

設置場所

玄関 洋室 トイレ

 

5.和式便器から洋式便器等への便器の取り替え

和式から洋式便器への変更や、便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取り替えに適用されます。

設置場所

トイレ

 

6.上記1~5の住宅改修に付帯して必要となる工事

  1. 手すりの取り付けのための壁の下地補強
  2. 浴室の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
  3. 床材の変更のための下地の補強や根太の補強
  4. 扉の取り替えに伴う壁または柱の改修工事
  5. 便器の取り替えに伴う給排水設備工事や床材の変更等

一級建築士と福祉住環境コーディネーターが在籍

望月商行には、建築のスペシャリストである『一級建築士』と、福祉のプロである『福祉住環境コーディネーター』が在籍しております。
ご相談から補助金申請代行まで全てお任せください!