グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  Q&A >  屋根に関するご質問

屋根に関するご質問



『屋根診断士』って何?

A:

一般社団法人日本屋根診断士協会では、屋根診断のための研修制度「屋根診断士養成講座」を設け、ここで高度な専門知識と技術を習得した屋根診断士としてふさわしい人材だけを屋根診断士として認定しています。

どれ位予算はかかるの?

A:

現在の屋根の面積・種類・形状・傷み具合及び、葺き替えに使用する屋根材によって一軒一軒異なります。現場状況を確認し、採寸した上で正確にお見積りさせて頂きます。

診断だけや見積りだけの依頼でも可能ですか?

A:

もちろん結構です。屋根診断・診断報告・見積りまで無料で行っております。 屋根の大きさ等により異なりますが、30分程度のお時間を頂き診断をし、屋根の現状を分かりやすく報告致します。後日、診断報告書を持参し、屋根の症状を説明致しますので、お気軽お申し付け下さい。

工事はどれ位の期間掛かりますか?また、留守でもいいですか?

A:

日本瓦の場合は1週間位が一般的です。(瓦降し作業を含みます)尚、雨天の場合は安全の為工事を中止させて頂きますので、伸びる事がございます。 また、留守でも大丈夫です。ただ、電源をお借りすることがございますので、その際はご協力をお願いします。 ※大きさ、形状、天候等で期間が変わる場合もあります。

瓦屋根は、耐用年数がどの位で、新築は何年保証があるのですか?

A:

地域の気候風土によって多少の違いはありますが、瓦は殆どメンテナンスなしに最低30年は大丈夫です。製品によって、色あせのような劣化は若干見られますが、機能(性能)的には何も問題ありません。